きんぐおぶだ~くだいありぃ~
なんとなくはじめてみました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
笑い
緑茶を飲みすぎると肩を冷やすとかどうとかであまりよくないときいたので、ウーロン茶にしてみたのですが、ここ最近いいことがなかったので、やっぱり緑茶にしました(*^_^*)

でもやっぱ、開けたてはうまぃですねえ^~^

ボーっとテレビみてたらTBSレビューというのがやってて、「ドラマ、ヤンキー君とめがねちゃんのプロデューサーのなんちゃらにきてもらいました!」といったときのなんちゃらの反応のが



呼び捨て!!??って感じの顔して一瞬、時間がとまりました・・・・


不覚にもつぼにはいりました。現在笑顔です。えぇえぇ(^0_0^)


たまに疑問におもうんですが、その現場にいる人はなぜ笑いをこらえれるのでしょうか

わざとじゃないほど、おもしろいですよね
はっきりいってこらえるのはむずかしいです

小学校のころも、毎年卒業式で笑いをこらえるのが大変でした。

1~5年のころは歌で「さ~よ~お~な~ら~♪」の「おなら」というところから、ふざけて最後に○| ̄|_ =3 ブッって付け加え遊んでたことを思い出し笑い
6年のころはお別れの言葉をいうわけですが。。。一人一言程度割り当てられたせりふをいいました。
A「このまるまる学校を」
B「卒業します」
全「卒業します!」    みたいにね。

これ何度も練習してる間にみんなのせりふ覚えちゃうわけですが、卒業式の予行練習っていうんですかね!?
そんとき「ありがとうございました。」ってせりふに勝手に「ほんとうに」って付け加えてしまった奴がいまして。
自分のせりふを笑わずいうので精一杯なのに、そんなことされたらもうおもいっきりふいちゃって、何人かの先生に怒られたことを今でも忘れません。

結局そのこ本番でも「ほんとうに、ありがとうございました」っていいやがって、そんときは足の肉ちぎれるかってくらいつねりましたわ。

そんなこんなで今もその笑い癖は直らず、バイトで新メニューがはじまる前の日の調理方法を教えてもらうときのことですが、そんときはたまたまうちの店のトップが、直々に教えてくれました。
が・・・・・

そこで事件はおきました。
「こうしてこうします。そしてこのっっったっまっごぉお!」

文でつたえるのは難しいですが、なんか、すっげーかっこつけて卵といってたので、ついにやけてしまいました。
やっべにやけちったっておもった瞬間、わたしの目をみて、「たまごね」っていわれました。


なんか、笑わないいい方法なんかないでしょうか!?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。